home (1).png

〉よくある質問

よくあるご質問

どのサービスを頼めばいいかわかりません


論文を書き終えた方は、下記2つのサービスをご検討ください。 1.英文校正(詳細は こちら 2.事前査読(詳細は こちら 論文をまだ書き終えていない方は、下記のサービスがおすすめです。 3.未完成論文サービス(詳細は こちら ご不明な点は、 お問い合わせフォームより、お気軽にお問合せください。




依頼の仕方は?


各サービスページの「ご依頼フォーム」よりご依頼ください。 ご不明な場合は、 お問い合わせフォーム お電話でもお問い合わせいただけます。 フリーダイヤル0120-554685 または 092-715-7208




料金はいくらですか?


1.英文校正 原稿が501ワード以上の場合は、 1ワード16.5円 (税込)にて計算いたします。 ※原稿が501ワード以下の場合は、 一律6,325円 (税込)にて承ります。 【計算例】 ・原稿ワード数:491ワード   ¥6,325 (税込) ・原稿ワード数:1,000ワード  ¥16.5×1,000=¥16,500 (税込) 2.事前査読 一律:82,500円 (税込) 原稿のワード数に関わらず、一律 82,500円 (税込)で承ります。 3.未完成論文サービス 未完成論文サービスは、カスタマイズサービスのため、論文の状態・ご希望により料金が異なります。 お見積もりのご依頼をいただいたあと、担当者より詳細についてのご連絡・ご案内を差し上げます。




納期はどのくらいですか?


1.英文校正
原稿が5,000ワード未満の場合は、通常2営業日後にご返却いたします。5,000ワード増えるごとに1営業日が加算されます。
エクスプレスサービスの場合は、5,000ワード未満で翌営業日のご返却になります。5,000ワード増えるごとに1営業日が加算されます。
※土日は営業日に含まれておりません。あらかじめご了承くださいませ。

2.事前査読 2営業日でのご返却となります。 3.未完成論文サービス カスタマイズサービスのため、論文の状態・ご希望により納期が異なります。 お見積もりのご依頼をいただいたあと、担当者より納期を含む詳細についてのご連絡・ご案内を差し上げます。




営業日や受付時間について教えてください。


営業日、営業時間は次のとおりです。 ■営業日 9:30 - 18:00 土日休業、祝日営業(ゴールデンウイーク、年末年始休業あり) ■受付時間 17:00 通常納期       14:00 エクスプレス 上記以降に受理したご依頼は、翌営業日の受付となります。 また、納品日が祝日の場合は、納期が1営業日延びる場合がございます。 ゴールデンウイークや年末年始の休業については、その都度、ウェブサイト等でお知らせいたします。




ファイル形式やサイズに制限はありますか?


ファイルのデータサイズは、なるべく小さくしてお送りください。 弊社で受信可能なファイルサイズは、1ファイルにつき最大5MBです。 5MBを超える場合は、担当コンシェルジュまでご相談ください。 校正可能なファイルは次のとおりです。




原稿内の図表はどうすればいいですか?


校正が必要な場合 校正可能なファイル形式でご送付ください。 校正可能なファイルはMS Word、Excel、PowerPoint、Texです。 ただし、ファイル内に画像で張り付けられている場合、校正はできませんのでご注意ください。 ※スタンダード英文校正をご依頼の場合は、ご依頼時に図表の文字数も必ず含めてください。 校正が不要な場合 校正の参考資料としてお預かりいたしますので、校正希望原稿とあわせてご送付ください。 参考ファイルとしてお受けできる種類はMS Word、Excel、PowerPoint、Tex、PDF、JPEG、PNG、GIF、TIFFです。 ファイルサイズについて 校正の要不要を問わず、データサイズが大きい場合はサイズを小さくしてお送りください。 各ファイル5MBまで受信可能です。




Referenceの校正は可能ですか?


リファレンスの校正は可能です。ご依頼の際にお申し付けください。 リファレンスの校正では、原稿内での書式の統一は行いますが、ハーバード方式からバンクーバー方式への変換のように書式の変換はいたしません。 リファレンスは、文献管理ソフトを再度用いると上書きされてしまうので、EndNoteやMendeley等の文献管理ソフトを使用している場合は校正いたしません。 リファレンスの校正に含まれる内容

  • コンマ、コロン、セミコロンの挿入、削除、修正
  • ボリューム番号を太字に変更
  • 不要なスペースの削除
  • 著者名が複数人記載されている場合に、不要な著者名を"et al."に変更
  • 本文中のリファレンスの書式確認
リファレンスの校正に含まれない項目
  • 数字順からアルファベット順への変更、またその逆への変更
  • 欠如している著者名の検索、およびその著者名の挿入
  • "et al."と記載している箇所への必要な著者名の挿入
  • 著者名の名字順、イニシャル順での表示順の変更
  • 引用論文が実際に存在しているかの確認
  • 引用箇所と本文との整合性確認
  • 本文とリファレンス内の番号が一致しているかの確認
※上記項目およびその他変更したほうが良いと判断できる箇所には、原稿中にコメントを残しますのでご確認ください。 ※上記項目について対応をご希望の場合は、別途ご相談ください。




校正終了後、修正を加えた原稿をもう一度見てもらえますか?


はい、エダンズでは、1回目の校正終了後、その原稿の2回目の校正も通常の流れに組み込んでおります。 第1回目の校正でエディターが変更・指摘を行った点をお客様に確認していただき、意図と異なる変更が入った箇所等を2回目の校正としてフィードバックしていただくことで、最終的な確認を行います。また、著者の意図や論旨がより正確に伝わるよう、文体や表現に更なる変更を加える場合もあります。 2回目の校正のための原稿作成は、著者が原稿をじっくりと見直すよい機会でもあります。この2回校正システムにより、より完成度の高い論文が仕上がります。 2回目の校正は、1回目の校正原稿ご返却後60日以内にご依頼いただいた場合にのみ無料です。(ただし、一回目の校正原稿ご返却後の変更量により追加料金が発生する場合もあります。)60日を越えての2回目校正のご依頼、また同原稿に対する2回目以降の更なる校正のご依頼には料金が発生いたしますので、ご了承ください。 2回目の校正は、投稿前の原稿に限ったサービスです。投稿後は「再校正」になりますので、再校正料金が発生いたします。




2回目の校正に料金はかかりますか?


1回目の校正原稿ご返却より60日以内に2回目校正をご依頼いただいた場合は、無料で承ります。 60日以降にご依頼頂いた場合は料金が発生いたします。 ただし、 1回目の校正原稿ご返却後の変更量により追加料金が発生する場合があります。




いつ支払えばいいですか?


校正終了後にお支払いください。1回目の校正終了後1週間以内に請求書をお送りいたします。 お支払いは、銀行振り込み、またはクレジットカードがご利用いただけます。 詳細については、 こちらをご覧ください。